全国の病院内にいる通学困難な学生向けに「院内まなび無料サービス」を提供開始

  • 2016.10.19

教育用ソフトウェアの開発を手掛ける、株式会社いろはソフト(所在地:東京都武蔵野市、代表取締役:三浦幸太郎)は、2016年10月24日(月)より株式会社タイレル出版と共同で「院内まなび無料サービス」の提供を開始いたします。
院内まなび無料サービスは「デジタル・ナレッジ みらいの教育基金」採択事業で、全国の病院内にいる通学困難な学生(小学校高学年〜大学生)に、株式会社タイレル出版が出版するテキスト及び、弊社が提供するオンライン学習ツールを提供し、学習支援を行います。

◆ 活動の背景
様々な病気などの事情により学習する意欲がありながら、それが思うように叶わぬ環境におかれている生徒さんがいらっしゃいます。
今回、「デジタル・ナレッジ みらいの教育基金」という機会を得て、私たちは、そうした学ぶ意欲がありながら思うように叶わない環境の生徒さんたちを支援したいと考え、それぞれの持つ実績と強みを生かしたサービスを持ち寄り、2社共同で企画しました。

その結果、以下の3つのサービスを提供することができることになりました。

・タイレル出版社の、これまで培ってきた質の高い映像学習コンテンツおよびそのテキストを提供する「チノポス」。

・いろはソフト社の読書交流を支援する「よむコミュ」。そして、学習支援アプリ「いろはクイズ」。

いずれも既に多くの中高生の利用実績があります。

生徒さんは、「学び」に関する3つのサービスのなかで、それぞれが興味のあるものだけを選択して自由に申し込むことができ、かつ、それらに付随するテキストがある場合も無償で提供されることになります。こうした取り組みにより、学びたい意欲をもつ生徒さんを一人でも多くサポートし、首都圏で学ぶのと遜色ない、クオリティの高い学習環境を提供できることを私たちは願っております。

manabi01manabi02

※画像提供元 : 株式会社タイレル出版社

院内まなび無料サービス (よむコミュ / いろはクイズ) 申込受付サイト
http://mirai.irohasoft.com/

◆ 「デジタル・ナレッジ みらいの教育基金」について
株式会社デジタル・ナレッジ社の創立20周年の記念事業として設立された基金で、新しいテクノロジとアイディアを駆使して、学ぶ機会に恵まれない人々やより良い教育環境を実現するための挑戦に対して、資金や資材を提供することを目的としています。

icon_miraiicon